フィリピンの人口が正式に1億人を越えました!

スポンサードリンク


filipino baby

 

 

フィリピンの人口がいよいよ1億人を超えたようです!

 

これはフィリピン人口委員会の発表なんですが、

1年くらいまえからいろいろなところで、

フィリピン人口は1億人を超えたと叫ばれてたんです。

 

とはいえ、今回政府から正式にフィリピン人口1億人超えが

発表されましたので、これからは私も

 

「フィリピンの人口は1億人越えましたよ」

 

と、方々で言ってまわろうと思います(笑)

 

1億人超えでフィリピンはどう変わる?

さてフィリピン人口の1億人超えは世界で12番目

なったわけですが、

 

現在フィリピンは安定した経済成長もしてますし、

労働人口が増える人口増ですので、一見順風満帆に思えます。

 

なんと人口の54%25歳以下とのことですので。

 

しかし人口が増えれば同時に仕事量も必要になりますよね。

 

つまりうまく産業が育てば労働力が確保されて、

フィリピンはより成長するでしょうし、

逆に産業が育たなければ働き口がなくて、

結果として、より貧困が深まる可能性があるということです。

 

産業を育てるための解決策は?

だとしたら、産業を育てればいいわけですが、

そのための一番の近道はなんでしょうか?

 

私はやっぱり外国と絡むことだと思います。

 

ここであえて「絡む」という表現を使ったのは

外資を参入させるという一方的な手段に限らないと

思ったからです。

 

一方では、外資に積極的にフィリピンに進出してもらい

雇用を増やしてもらうのがいいでしょう。

 

そのために必要なことは、この記事では詳しく書きませんが

ヒトコトで言えば、外資が入ってくる基盤の整備ですね。

 

もう一方で、フィリピン人が海外に積極的に出て行って、

滞在先の技術を身につけるということがあります。

 

現在でもフィリピン人の海外労働者(OFWによる

海外からの送金額はフィリピンGDPの約10%を占めますので

フィリピンの一つの産業と化しています。

 

しかし、現在OFWとして働いているほとんどの人は、

単に生活費を稼ぎたいという気持ちだけでしょう。

 

でも本当に必要なことは、海外の技術や手法を盗み、

それを自国であるフィリピンで実現するスキルを

身に付けることだと思うんですよね。

 

それが未来のフィリピン産業につながると思うのです。

 

そう言っても、そのような意識を持てないのが現状です。

 

最後はモチベーション理論

海外の資本や技術に依存するだけではフィリピンの発展は

ないと思います。

 

人口が増えている以上、国の原動力が向上しているのは

間違いないわけですが、それを活かすも殺すも

結局はフィリピン人自身

 

そして最後はフィリピン人のモチベーションによると

思うのです。

 

人は「やらされている」と感じた時には

単なる作業になってしまいますよね。

 

そうならないためには、フィリピン人がフィリピン人を

正当な対価を支払って雇用するような時代が来ないと

ダメなんだろうなと。。。

 

ある意味、数年前私を救ってくれたフィリピンですから、

ぜひ力になりたいなと思います。

 

海外での修行という意味では、日本の外国人実習生という

制度をもっと有意義に使ってもらいたいものですね。

 

フィリピン人にとっても戦略的に。

そして日本企業の方は将来的にフィリピンに

拠点を持つための足がかりに。

スポンサードリンク


こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ