タガログ語で「~di ba(ディバ)」の意味は?

スポンサードリンク


medium_2394668125

もうすぐフィリピンってことで、頭の中はすでにタガログ語

一色になってきています(笑)

 

そこで今回は、フィリピン人とチャットをやってる時に、

「この辺、日本語っぽいニュアンスに似てるな~」

っていう語句というか、表現をご紹介したいと思います!

 

同意を求めるdi ba(ディバ)


文末に、~di ba?」をつけると

日本語で「~でしょ?」とか「~だよね?」のように

同意を求める表現になります。


※「~di va?」と表現することもあります。

 

例)ikaw di ba?(あなたでしょ?)

※ikaw~あなた

 

上記のように文章じゃなく単語のあとにつけても通じます。

 

これは私も、もう本当にすぐに覚えました。

 

なにかというと「~di ba?」なんて言ってましたね(笑)

 

しかも普段、フィリピン人とチャットなどをする時は、

最初は英語や、相手の片言の日本語で始まるわけです。

 

そうですよね、日本人がタガログ語をはじめから

知っていることってまれですからね。

 

そのうち、私もそうでしたが、多くの日本人は

現地語であるタガログに興味を持ち始めます。

 

すると、英語、日本語、タガログ語が、会話の中に

すべて混ざってくるんですよ。

 

本当ですよ!

 

例えば、

 

男:sorosoro neruyo..

    coz you know bukas i need to go out db

女:i see…oyasumi honey ko

    always take care! mataneee!

 

※dbは「~di ba?」の短縮形(正規の文法ではないと思います)

 

なんて感じです。

 

自然に3ヶ国語が混じります(笑)

 

ちょっと話がずれましたが、

とにかく、「~di ba?」は便利な表現、かつ

 

 「フィリピン人と会話してる!!」

 

っていう気にさせてくれる語句なんです。

 

我々も、外国人が日本語の語尾に「~でしょ?」

なんてつけてきたら、やっぱり

 

 「ぬぉ、お主出来るな」

 

なんて思いませんか(笑)

 

きっと彼らもそう感じてくれるに違いありません。

 

事実、タクシーの運転手に「~di ba?」を使うと、

すぐに

 

 ” you can speak tagalog!”

 

一目置かれること間違いなしです!

 

「~di ba?」でかいた赤っ恥(汗)


でも、これって当たり前ですけど、

フィリピン国内でしか使えませんよね。

 

話は変わりますが、私はフィリピンの帰りに

今までに2回他国に寄り道したことがあるんです。

 

1回目はベトナム、2回めは香港・マカオです。

 

で・・・

 

はい、あなたの予想通りです。

やってしまいました。

 

正確には記憶にないんですが、

例えば、ホテルのフロントで

 

 “Checking out time is 11 o’clock db?”

 (チェックアウトは11時でしたよね?)


なんてやっちゃったんですわ。

 

これには、ホテルスタッフも

「え?え?え?」と異星人でも見るかのような

目をしてきましたね。

 

まあ、事実私、正常ではないと認識してますが・・・

 

英語だったら「isn’t it?」とかになるんですかね?

 

でも、日本語の「でしょ」やタガログ語の「di ba」ほどの

頻度では使わないような気がするんですよね~

 

英語よくわからないので、そこもわかりませんが。

 

しかし、この「di ba」は本当にうつります。

 

これはもっとひどいんですが、日本に帰ってきても

「di ba」って言っちゃいそうになりますからね。

 

だってチャットとかでは、普通に使ってますから。

 

 ”ako dekinai db“ 【タガログ語日本語タガログ語

  ※ako~私

 

面白いですね(笑)

スポンサードリンク


こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ