お墓参りに思うフィリピン移住の大きなハードル

スポンサードリンク


1146462_612837598790435_766114477_n

普通の人がフィリピンに移住するなんて聞くと

ほとんどの人が抵抗を感じるようですね。

 

私の周りの人もまた例外ではありません。

 

一方、2016年には活動の拠点をフィリピンに

移したいと考えている私はというと・・・

 

普段は、断然フィリピン行きに関しては強気なわけですが、

フィリピン移住のハードルは高いなと思う時

2つだけあります。

 

1つは、母の体調が思わしくない時です。

 

今のところ決定的に病気がちということはないのですが、

やっぱり時々でも体調を崩すと後ろ髪を引かれる思いで、

正直、フィリピン行きをためらうこともあります。

 

フィリピンに活動拠点を移す際には、

よいホットラインを考えなければいけませんね。

 

墓守の責任

フィリピンに拠点を移すにあたりハードルが高いな~と

思うことの2つ目がお墓参りに来た時です。

 

本日、お彼岸のお墓参りに行ってきました。

 

そのお墓には、私が高校の時にすでに他界した父のほか

父方のご先祖様が眠っています。

 

少し重い話になりますが、いわゆる墓前を前にすると

「フィリピンに半移住して最低でも年に1回

 墓参りに来れるかな~」

なんて、ここ数回の墓参りでは考えるようになりましたよ。

 

別に墓守でもなければ、そこまで神経質になる必要は

ないのですが、あろうことか、

 

いや光栄なことに私は長男

まさしくその墓守ってやつなんです。

 

もう四の五の言わずに行ってしまおう

でも私の人生、特にヘッドハンティングをされたでもなく

20代の最後に新卒で入った会社を退職した時点で、

もうラインから外れてるんです。

 

いまさらジタバタしても仕方ありません、

という開き直りが私の強みです(笑)

 

なので今日も、墓のオヤジには

 

「どうなるかわからねえけど、

 とりあえず数年は行ってくるわ

 

と、今後数年くらいの動きを説明してきました。

 

母はもう半分諦めていて、

 

「もうここまで来たら好きなことをやってきなさい」

 

と言ってくれています。

 

もう四の五の言わずに行ってしまおう!

 

となったら今の私に足りないものはたったの一つ。

 

【収入を安定化させること】

 

残された期間は2年を切りました。

 

と、まるで映画『宇宙兄弟』のモジャモジャの

兄のように「タガを締め直した」2014年春の彼岸でした。

 

あゝ、私の場合はふんどしを締め直すか(汗)

 

そういえば・・・

最近、ふんどし姿を世界にさらしていないな~

 

ちなみに、「暑さ寒さも彼岸まで」っていうくらいで

お墓参りに行く時には決まって1年でも過ごしやすい時期。

 

この気候も、最後に後ろ髪を引かれるんですよね。。。

 

まあ私には前髪がないので、どのみち引かれるとしても

後ろ髪だけなのですが・・・

スポンサードリンク


こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ