世界一のリゾートアイランド、ボラカイ島へ行こう!

スポンサードリンク


IMGA0542

あなたはフィリピンのビーチというとどこを思い浮かべますか?

 

日本人の多くの人がセブリゾートを思い浮かべるのでは

ないでしょうか?

 

ところがフィリピンにはきれいな海がたくさんあります。

 

まだ私は、そのほとんどに行けてませんが、

世界で一位をとった島に行った経験があるのです。

 

それが・・・【ボラカイ島】です!

 

フィリピンフリークの方ならまだしも、今までの私の経験からして

ほとんどの人が、

 

 「え~、それどこ~?」

 

という感じではないでしょうか(笑)

 

せいぜい聞いたことはある程度だと思います。

 

で、このボラカイ島ですが、何が世界一なのかというと

2012年、アメリカの旅行雑誌である『トラベル&レジャー』誌

の発表した「ワールド・ベスト・アイランド」部門

みごとボラカイ島が世界一に選ばれたのです!

 

その年の2位がインドネシアのバリ島でしたので、

ボラカイ島がいかに人気かがわかると思います。

 

ということで、数回にわけてボラカイ島についての情報を

お伝えしていきたいと思います。

 

お伝えする内容は

 

(1)ボラカイ島への行き方(←今回)

(2)ボラカイ島での宿泊場所

(3)ボラカイ島での過ごし方

 

さっそく、<ボラカイ島への行き方>から参りますね!

 

ボラカイ島への行き方

DSC04530

この記事を書いている時点では、まだボラカイ島への

直行便はありません

 

というかそもそもボラカイ島には空港がないのですね。

 

なのでボラカイ島へは、まず隣接するパナイ島にある

2つの空港のどちらかを経由して、最後はボートで渡ります。

 

その2つの空港というのはカティクラン空港カリボ空港です。

 

これら2つの空港にも日本からの直行便はありませんので、

乗り継ぎになるわけですがマニラ経由が一番便利でしょう。

 

東京からマニラまではこちらを参考にしてください。

→  『東京(羽田、成田)-マニラ間の直行便のまとめ

 

それでは2つの空港についてご紹介します。

 

飛行機

カティクラン空港

カティクラン空港は、ボラカイ島に一番近い空港です。

ボラカイ島へのボートの発着地であるカティクラン港までは

トライシクルでわずか5分ほどです。

 

トライシクルには、空港を出て正面の乗り場で乗れます。

 

ということで一番のオススメはカティクラン空港を

利用することなんですがデメリットもあります。

 

カティクラン空港は滑走路が短いため、プロペラ機しか

離発着できません。

 

なので時間の遅れや天候によっては次に説明する

カリボ空港発着になったりするんですね。

 

またマニラから個人で国内線チケットを取る場合には

やはりカティクラン発着のほうが高いです。

 

現在、マニラ(NAIA)からカティクランへは1日約30便もの

飛行機が飛んでいます。

 

カリボ国際空港

カリボ空港は国際空港ですので、カティクランに比べれば

規模の大きい空港です。

 

カリボ空港からカティクラン港まではバスやFXと呼ばれる

乗り合いタクシーで1時間半~2時間程度の道のりです。

 

私は、帰りの便はカリボ空港を利用しました。

 

カリボ空港を利用した理由は金額です。

往路はカティクラン空港行きに手頃な金額の便があったのですが、

復路の便が軒並み高かったんです。

 

試しにカリボ空港発の復路便を探したら安かった

というわけです!

 

これがカリボ空港利用の一つのメリットになりますね。

カティクラン空港発着便に比べると料金が安く設定される

傾向があるようです。

 

もっともツアーの場合は空港の選択ができないことが

多いようですが・・・

 

カリボ空港にも、マニラ(NAIA)から1日30便ほどの

フライトがあります。

 

陸路が若干長いですが、明るいうちであれば、

道中まさにフィリピンローカルの暮らしを垣間見れて

私は好きですね。

 

カティクラン港からのボート

DSC04537

 

パナイ島側のカティクラン港からボラカイ島側のカグバン港へは

バンカーボートでアクセスします。

 

約15分くらいの道のり、いや海のりです(笑)

 

カグバン港からホテルへ

カグバン港からホテルへは宿泊施設からの迎え

トライシクルを利用します。

 

タクシーはありません。

 

トライシクルは通常はスーツケース1つと3~4人くらいならば

乗車できますが、私たちの場合は若干違いました。

 

何やらホテルへ行くまでに急坂を登らなければいけないので

2台必要だといわれたんです。 

 

面倒だし、どうせ2台にしても合計1,000円ちょっとなので

黙って従うことにしました。

 

でも結果的には、1台だと厳しそうでしたね(汗)

トライシクルって急坂は登らないですね。

 

普段トライシクルに乗るマロロスやクラークでは

平地しか走ったことがないので気づきませんでした。

 

最後は余談になりましたが、ボラカイ島への行き方は

以上になります。

 

基本的には帰り方も同じですが、帰りの便がカリボ空港からの

場合には時間に余裕を持ったほうがいいですね。

 

フィリピンは何が起こるかわかりませんから(笑)

スポンサードリンク


こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ