フィリピンの台風30号~ハイエン(haiyan)による洪水被害

スポンサードリンク


台風30号:現地名~ハイエン(haiyan)が

フィリピン中部に甚大な被害を及ぼしています。

なんと死者が10,000人を超えたとの報告もあるようです。

https://phma.jp/p/3/

単純な比較はできませんが、

あれだけの被害をもたらした東日本大震災でも

死者16,000人弱、行方不明者3,000人強ですので、

今回の台風30号が、一つの台風にしては

いかに大きな災害をもたらしたかがわかるでしょう。

 

私の知り合いが住むブラカン州のマロロスは

ルソン島ですので、彼らは大丈夫だったのですが、

とっても他人事には思えません。

 

ここまでの規模の台風はフィリピンでもまれですが、

日本の天気予報でもよく

「台風○○号がフィリピン近海で発生しました」

とあるように、フィリピンは台風銀座、

というか台風発生地ですよね。

 

事実、私のマロロスの知り合いの家でも、

少ないときでも年に1~2回は床上浸水が起こります。

DSCF5087

フィリピン家庭の床上浸水の様子

 

実は、この台風のお話ですが、

私がフィリピンに興味を持ったきっかけと

無関係ではありません。

 

無関係どころか、大いに関連があります。

 

それというのも、私が

「フィリピンで何かをやりたい」

「フィリピンで起業をしたい」

「フィリピンのためになりたい」

と、これらの感情を抱いたきっかけの一つが、

僭越ながら、

「フィリピンのインフラを整備したい」

という気持ちがあったからなんです。

 

マロロスに住む知人とお付き合いをしていると

先ほどお話したように、年に1度は

「洪水がひどい。家の中に水が入ってきた~」

という話になります。

 

日本だと、最近はかなりの大雨でも

「床上浸水」っていうのはあまり聞きませんから、

最初は、正直なところ半信半疑だったのですね。

 

ところが今の時代は便利ですね、

現地のどなたかがYoutubeに

様子をアップロードしてくれてますし、

フィリピンのテレビ局も動画のニュースを

随時、世界に向けて配信してくれています。

なので、十分に現地の様子がわかるわけですよ。

 

それをみると本当に見渡す限りの洪水です。

日本で言うところの、河川堤防の決壊レベルですね、

住宅地が水に飲みこまれてる感じですから。

 

ただし現地の人たちは慣れてますね。

頭の中では「こういう時には、こうする」

と、準備ができているようです。

 

もちろん今回レベルの被災では、

どうにもこうにも太刀打ちできないでしょうが・・・

 

フィリピン中部のレイテ島、サマール島には

できれば日本からもレスキュー部隊が

出動してくれればいいなと思います。

 

そして、きっかけの話に戻りますが、

いくら多少の台風では現地の人たちが

洪水には慣れているとはいえ、

もちろん、もとより洪水がないに越したことはありません。

 

私の最終的な目標は、フィリピンのインフラを

現地の人と一緒になって整備することです。

基盤ができるまでは私が最初に従事した

土木の仕事からは離れなければいけませんが、

必ず近い未来にその夢を叶えたいと思います。

 

最後になりますが、台風30号:ハイエン(haiyan)で

被災された方へ、心よりお見舞い申し上げます。

スポンサードリンク


こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ