フィリピン英語留学の期間について

スポンサードリンク


前回までで、フィリピン英語留学の

季節と地域についてお話してきました。

 

今回は、留学の期間について

お話していきたいと思います。

 

語学留学というと、

最高でも半年くらいのイメージですよね。

 

英語上達のためには

もちろん長く滞在するのが一番だと思います。

 

が、そこは予算や許容滞在日数との

兼ね合いもあるでしょう。

 

なので、ここでは

 

(1)3ヶ月

(2)1ヶ月

(3)1週間

 

この3パターンで考えていきますね。

 

3ヶ月間の英語留学

純粋に英語学習だけ考えれば

一番のおススメ3ヶ月です。

 

これを反対する人はいないと思います(笑)

 

まず徹底的な計画をしていなくても

行けばどうにかなるというのが

3ヶ月という期間ではないでしょうか!?

 

「とにかく英語を勉強したい!」

「思い立ったが吉日!」

 

とばかりに出発しても

こと英語学習に関しては、

帰国時には一定の成果が残せると思います。

 

では、まったくデメリットはないのか?

 

少し話は変わりますが、

実は私が高校生の頃、アメリカ4年生大学の

留学を本気で考えていた時がありました。

 

高校2年の時に父を亡くしたり

いろいろなことが重なり結局ボツに

なったのですが、

 

留学のことについて調べていた時に、

何やら留学して3ヶ月もしないうちに

やめて帰ってくる人がいるという

情報をつかんだのです!

 

しかも決して少なくはなく、

一定量早期に挫折する方が

いたようなんですね。

 

ということで、3ヵ月間の英語留学の

デメリットを上げるとしたら、

 

【環境がフィリピンに合わない場合】

 

ということではないでしょうか。

 

アメリカやオーストラリアのように

衛生環境などが日本と同じような国でさえ、

すぐに帰る人がいるのに、

そこはまだまだ途上国のフィリピン。

 

どうしても合わないことも

あるかもしれません。

 

もちろん、街中の人は優しいし明るいので、

そういう面では心配がないのですがね。

 

おススメなのは1週間くらい

事前にフィリピンを訪問してみる

ことですね。

 

できれば語学留学が好ましいですが、

費用も時間もなければ、

とりあえず2泊3日の小旅行でも

かまわないと思いますよ!

 

1ヶ月間の英語留学

ここに関しては、

1週間~3ヶ月のメリットとデメリットを

平均している感じですね。

 

話せるようにはなってきたけれども

まだ定着していないというイメージです。

 

そこで1ヶ月の留学となるときに

おススメしたいのが、日本での

徹底的予習です。

 

あらかじめ英語学習計画を立てて、

できれば、いずれお話するであろう

スカイプ英会話などで予習をしておけば、

かなり有意義な留学生活を送れると思います。

 

いずれにしても1ヶ月間あれば、

フィリピンの概要は語れるようになると

思いますので3ヶ月が無理なら

1ヶ月はおススメです!

 

1週間の英語学習

1週間の場合は、正直なところ

この留学だけで英語がペラペラに

なるとかは期待できません。

 

1週間の留学に参加する人には、

ある2つのキーワードを意識して

いただけるといいのかなと思います。

 

そのキーワードとは・・・

 

 【きっかけ】【効果測定】

 

です。

 

<きっかけ>には2つの意味があって、

一つ目は、英語学習のきっかけで

二つ目は、フィリピン渡航のきっかけです。

 

この片方、もしくは両方を意識して

留学されるのならば非常に有意義でしょう!

 

<効果測定>は文字通り、

英語学習の進捗度を1週間の留学で

推し量るという意味ですね。

 

普段日本で学習している英語、ないしは

英会話が実際にどこまで通用するのか?

 

いわば試合ですよね。

 

練習ばかりではつまりませんから、

対外試合をすることは、さらなる

上を目指す意味でも有用なことだと思います!

 

そしてまた練習→試合、の繰り返しで

何事も上達していくものですよね。

 

まとめると、

一番のおススメは3ヶ月

【きっかけ】&【効果測定】を意識するなら

1週間でも無駄ではない。

 

ということになります!

 

以上、今回はフィリピン英語留学の

期間について考えてみました。

スポンサードリンク


こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ