私が選んだ人生のパートナーは外国人女性

スポンサードリンク


本日は、また元に戻りまして、

私がフィリピンに興味を抱くまでの道のりの

続きをお伝えいたします!

 

それは2010年9月末のことでした。


夏の繁忙期の頃から、今後の自分について

いろいろと考えていた私は、ある決断をしたんです。

 

それは、


 「起業に向けて具体的な行動をしよう!」


ってことです。

 

その時点では、まだ資金もありませんでしたし、

退職までは考えていませんでした。

 

というか、ほとんどの悩みは資金面でしたね。

 

だって、当時の貯金は株式なども含めて

ようやく約200万円ほど。

 

これだけあれば、小さな飲食店であれば、

あと2~3年お金を貯めれば、

開業資金はなんとかなったでしょう。

 

しかし私が始めたかったのは宿泊施設の開業。


最初に必要な資金は、まさに桁が違いました。

 

なので、資金については

借り入れられる金額等を含めて、

かなり研究する必要があると感じましたね。

 

それと同時に必要だったのが・・・

 

さて、なんだと思いますか?

 

ヒントは、私が開業したかったモーテルは

家族経営だったこと。。。

 

ハイ、私が将来必要としていたのは

ズバリ「パートナー」ですね。

 

つまり、私は将来ともにモーテルを

運営していくパートナーが欲しかったんです。

 

それで、


 「起業の目標が3年後だとして、

 その前に結婚なんかもしておくとしたら、

 もう早速、いまから探さなきゃだめだ」


とか、


 「いやちょっと待てよ。数千万円単位のお金を

  本当に貯められるのか?

  時間がかかるとすれば、まだ相方探しは先にして、

  とにかく稼ぐことに集中したほうがいいかな」


とか、いろいろと考えていたわけですよ(笑)

 

そのうちに、具体的にどんな女性がいいのかを

考えるようになりました。


 1 やっぱり接客ができるほうがいい

 2 勤勉で、すぐにへこたれない人がいい

 3 できれば英語ができるといい


まぁ、他にもありましたが、

主に上記のようなことです。

 

考えれば考えるほど「望みがたかいかな~」と

思うようになってきました。


実際に1と3は日本人でもいるでしょうが、

今の日本女性に2の「すぐにはへこたれない人」

っているのかな~、


なんて疑問に思うこと数日。


私はあることを思い出したのです。

 

それは、一つ目の宿泊施設で働いていた時のこと。

 

そこでは、外国人女性が働いていたのです!


フィリピン人と中国人でした。

 

彼女たちは、本当によく働きます。


正直なところ、細かい作業に関しては、

日本人のパートさんのほうが優れていた面も

多々ありましたが、


外国人女性は、とにかくパワーがありました。

 

実際に、繁忙期になると残業や出勤日数を

増やしていただくお願いをするのですが、

その時に決まって手を挙げてくれるのが

彼ら外国人だったのです。


 「彼らだったら少しくらいきつい仕事でも

  耐えられるのではないだろうか?」


そう考えた私は、さらに深く考えるように

なりました。

 

さて、中国人とフィリピン人、はたまた日本人。


当時の私はどんな決断をしたのでしょうか?

 

まぁ、当然答えは「フィリピン人女性」だったわけですが、

なぜフィリピン女性に決めたのかについて、

次回はお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク


こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ