何かを決断する際の判断材料にする2つのテスト

スポンサードリンク


先週、ある個別コンサルを受けてから、

1週間ずっと考えてきました。

 

私がフィリピンに行って何をしたいのかを・・

 

かなり壮大なプランです。

 

そして場所はやっぱり

ブラカン州マロロスを拠点にして

展開したいですね。

 

私はこうやって計画やプランを

練るのは好きなのですが、

実行力がなかなか伴わないんです。

 

そこができたら完璧なのですが。

 

で、今日は何を書こうかと考えてたんですが、


「私がフィリピンでやりたいこと」


の当面の結論を出すのに参考にした

書籍をご紹介したいと思います。

 

その1~ストレングスファインダー


「フィリピンで何をすべきか?」

 

こういう根幹的なことを決定する際に

私がいつも考慮に入れるのが、

 

【ストレングスファインダー】

 

というテストの結果です。

 

そのテストを受けるためのIDは

この本を購入することによって

手に入ります。

 

 

まあ一言でいえば、

 

自分にはどんな強みがあるのかを

<ストレングスファインダー>によって

測定して考慮に入れることにより、

 

自分の特性に合った生き方をしていこう!

という内容の本です。

 

注意点としては、上記の本は

「新品を購入してください!ってことです。

 

中古だと<ストレングスファインダー>を

受けるためのIDがすでに使われて

ますので・・・

 

少し考えればわかるはずですが、

まんまと中古を買ってしまいました、私(汗)

 

なので、うちには2冊上記の本があります!

 

ちなみに私の強みは次の5つです。

 

 ● 包含

 ● 公平性

 ● 未来志向

 ● 戦略性

 ● 自我

 

未来を夢見る社会活動家みたいですね。

こりゃ、金儲けのセンスはなさそうだわ。

 

その2~エマジェネティックス(EG)


私は前項でご紹介したテストだけでも、

選択の尺度みたいなものができて

相当楽になりました。

 

しかし去年(2013年)の年末に

かなり完璧と思われる適性テストを

受けてきましたので、

同時にご紹介しようと思います。

 

それは

 

【エマジェネティックス(通称:EG)】

 

と呼ばれるものです。

 

簡単に説明すると

エマージェネティックス(以下EG)によれば

人は、4つの思考スタイルと、

3つの行動スタイルに分類されます。

 

自分や仲間が、各々どのスタイルかを

判定して、個人の特性はもちろん、

特定のチームの相性まで診断してくれる

というものです。

 

ただEGについては、

有料のテストを受ける必要があります。

 

金額だけみると決して安くはないですが、

一度受けておくと他に適性テストのような

ものは受ける必要がないので、

 

相対的には値段よりも価値はあると

私は思いました。

 

ちなみに、EGについての

4つの思考スタイルと3つの行動スタイルの

分類については本で勉強ができます。

 

本の内容から、ある程度自分がどの

スタイルかの予測はできますので、

概要だけでも知りたいと思ったら

こちらを参考にしてください。

 

 

自分と相手の特性さえ知っておけば、

無暗にイライラすることもなくなりますので、

ぜひ部署などのチーム全員で受けることを

おススメいたします!

 

本日はフィリピンとは直接関係はなく、

ビジネススキルに関する話題といたしました。

スポンサードリンク


こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ