面接に落ちて、夢が遠のいたあの日

スポンサードリンク


前回は、私がフィリピンに興味を抱くまでの

2010年までのお話のうち、前半の1年間

つまり2007~2008年末までについて

お伝えいたしました。

 

今回はその続きです。

 

2007年に自由を求めて一つ目の宿泊施設を

退職した私は、その後決して充実したとはいえない

一年を過ごすことになりました。

 

さすがに2008年も末になると、

大きな夢であった

「アジアンチックなモーテルを日本で開業する!」

を実現するために、何かしら行動を

起こさなければと焦り始めたのでした。

 

そこで、私はその夢を達成するために

足りないものをリストアップしました。

 

足りないものは大きく分けて2つ

1 開業資金

2 開業のノウハウ

開業資金を得るためには高収入の仕事を

する必要があるが、あてはありません。

 

その結果、消去法でまずは「開業ノウハウ」を

会得しようということを決めました。

 

そこで一番に思い浮かんだのが、

≪実際にモーテルに近い形で運営している会社に就職すること≫

でした。

 

日本にもあるんですよね、

そのような運営をしている会社が・・・

 

経営者は私が目指していたように

個人で起業した方でした。

 

あるきっかけで、その方の友人から

アメリカの「モーテル」の話を聞いて、

早速本場に下見に行って開業してしまうという

なんとも行動力がある社長さんです。

 

モデルとしては、夫婦二人で運営して

人手が足りなければバイトを雇う。

1施設につき部屋は平均14部屋くらい、

夕食はなく、朝はコーヒーとパンが出る感じの

車で泊まる“B&B”のようなスタイルです。

※B&B(bed and breakfast)

 

恐れ多くも、当時は私もいくいくは

全国チェーン店を目指してましたので、

「これはいい勉強をさせてもらえる」

と躍起でした。

 

また、当時は何が何でも開業してやる!

という強い気持ちはありませんでしたので、

正直なところ

「コンセプトが自分の思う通りなら

生涯をこの会社に埋めてもいいかな」

という軽いノリもありました(汗)

 

早速、実際に泊まりに行って

偵察してみることにしました。

 

かなり自分の思っていたイメージに近かったので、

ついに、この会社の面接を受けるようになったのです。

 

職種は<経理>

 

本当は、企画運営のような仕事をしたかったのですが、

その時には経理しか募集をされていなかったんですね。

私は経理の経験はないものの、

簿記を勉強していた経験があったので、

一応、会っていただくことはできましたが・・・

 

実務経験がないということで、あえなく沈没。

 

まあ、採用する方の気持ちになれば

当たり前ではありますよね。

実務経験のない人を、わざわざ採用はしないでしょう。

 

本当に骨を埋める覚悟であれば、

その後も面接を受けるくらいの気合が

あればいいのでしょうが、

 

そこまで熱くはなかったのですね、

当時を振り返ると・・・

 

とりあいず、その会社は素直に諦めました。

 

とは言っても、宿泊施設に関するこだわりは

まだまだ残っていましたので、

また次の手段を探すことに・・・

 

続きは、また次回にお伝えいたします!

 

ちなみに、私が面接に落ちた会社はこちら

→ http://www.hatagoya.co.jp/index.html

順調に店舗数を残して頑張っているようです!

車で気軽に旅できる宿泊施設を

さらに増やしていっていただきたいですね♪

 

旅籠屋さん、これからも応援してます!!

スポンサードリンク


こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ