フィリピン移住先候補(アンヘレス編)

スポンサードリンク


2016年のフィリピン移住に向けて、移住候補地をゆる~く考えていこうと思います。

前回は、『フィリピンの移住先にパラワン島が大浮上してきた5つの理由とは?』をお伝えしましたが、

今回はナイトライフが充実しているアンヘレス編です。

IMGA0685
フィールズ近くにあるフレンドシップ方面のジプニー乗り場

アンヘレスの位置

この記事にたどり着いた人はきっとアンヘレスについてだいたいのことは知っていると思います。

とはいえ、ナイトライフのことを調べていてたまたまたどり着く人もいるかもしれませんので、簡単にアンヘレスの位置だけは説明しておきますね。

アンヘレスはマニラ首都圏の北西約100kmの場所に位置し、パンパンガ州にあります。



ちなみにアンヘレス市(Angeles City)は州都ではなく、パンパンガ州の州都はアンヘレスの南側に位置するサンフェルナンド(San Fernando)です。

場所がわかったところで、フィリピン移住地してのアンヘレス観察を行いましょう

 

アンヘレス移住の5つのメリット

まずはアンヘレス移住のメリットを考えていきたいと思います。

 

ナイトライフの充実

アンヘレスは言わずと知れた世界でも有数の夜の繁華街を抱えています。アンヘレスの名前自体をナイトライフから聞いた人も多いでしょう。

ここでは多くは語りませんが、最初訪れた時は圧巻でした。

街全体の規模からするとタイのパタヤに軍配が上がりますが、それでも十分過ぎます。

主に男性向けナイトライフが世界規模ですが、クラブ(ディスコ)、ライブバーなども多くカップルの遊び場も充実しています。

 

クラーク国際空港(ディオスダド・マカパガル国際空港)の存在

クラークには上記の繁華街の至近に3,200mという大型ジェット機が離着陸できる滑走路を擁する国際空港があります。

一時は飽和状態にあるマニラ国際空港の代替空港として候補が上がっていたほどです。(アクセスが不便ということで保留、というかおそらく立ち消えになってます。)

で、このクラーク国際空港から香港やクアラルンプールへの直行便が出てますから、両者をハブ空港として海外旅行が楽しめるというわけです。

欲を言えば、タイ、ベトナム、台湾あたりに直行便が就航すればかなり価値がありますよね。どれだけクラーク経済特別区が盛り上がるかでしょうね。

とはいえ、フィリピンのセブ以外の島からマニラを経由して海外へ出かけることを考えれば、香港やクアラルンプールをハブにしてその他の国へ出かけることも変わりないでしょう。

周辺国の観光という面ではフィリピン移住を楽しめそうです。

 

周辺観光地へのアクセス

周辺というほどでもないですが、アンヘレスはルソン島北部のハブ的な位置にあり、マニラからよりはバギオ方面、スービック方面へアクセスしやすいですね。

アンヘレスの唯一の欠点は海が無いことですが、スービックまでは走りやすい高速道路があるので、その気になれば日帰りでビーチに行くことも十分に可能です。

 

ゴルフ場などのレジャー施設

私自身は経験が無いのですが、ゴルフをフィリピン移住ライフの楽しみにしている人も多いと思います。

アンヘレス周辺にはいくつかゴルフ場がありますので十分に楽しめるでしょう。

またこれからはピナツボ火山を巡るネイチャリングツアーなども充実してくるのではないかと予想します。

 

外国人向け施設や住宅の充実

アンヘレスは元々アメリカのクラーク空軍基地があり、その関連産業で栄えていました。

なので繁華街をはじめ、住宅事情も外国人向けに作られたものが多いんですね。

必然的に街の人達の外人耐性というものもあり、かなり過ごしやすいと思います。

以上が、私の考えるアンヘレス移住のメリットです。

 

アンヘレス移住のデメリット

普通に暮らすにはアンヘレス特有のデメリットがあるとは言えないと思います。

2013年11月に台風ハイエン(Haiyan)<フィリピン名:ヨランダ(Yolanda)>がフィリピンを襲った時には、レイテ島などから出てきた子どもたちが外国人を取り囲んだりしたこともありました。

アンヘレスにしては非常に珍しく治安が悪くなったのですが、この記事を書いている時点ではほぼ元の悪くない治安に戻っています。

ということで、それほど弱点の見当たらないアンヘレスですが、私的に唯一デメリットと思えるのが海がないこと

フィリピンに移住したいと思う人には色々と理由があると思います。

ナイトライフメインの人には十分すぎますが、やっぱり透き通るようなエメラルドグリーンのビーチが目的の人も多いのではないでしょうか?

海の見える景色がフィリピン移住の最たる目的の方にとっては、アンヘレスはデメリットとなりますね。

前述したとおり、1時間半も走れば海のあるオロンガポ、スービックへ出れますが、目の前にビーチは叶いませんので。

ということでアンヘレスをフィリピンの移住先にした場合のメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、これだけはいえます。

あなたのフィリピン移住の最重要目的がナイトライフでしたら確実におススメです!

 

スポンサードリンク


こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ